シンプルで実践的な催眠術を学ぶ

大阪 催眠術の教室 ヒプノハート

 090-2939-7657

催眠術のかけ方スクール

DVD

ブログ

催眠療法(催眠術)の歴史

更新日:

あなたはテレビを見て催眠術や催眠療法などでまるで魔法のように人が変わる姿を見た事はないでしょうか?あのような催眠を目の前で見ていない人は「胡散臭い」「怖い」「詐欺なのかな?」など感じたりします。

テレビのやらせに見える人もいるはずです。

ですが実際、一瞬で嫌いなものが食べられたり、亡くなった人を見せられたり、苦手を克服できたらどうでしょうか?嘘だと思っていても目の前で、そういう現象を見せられると疑いの目はなくなります。催眠は人を操るイメージがある人も多いかもしれません。

ですが、人を操る技術ではなく、昔から治療に使われていました。どういう風に使われていたのか?どんなものに効果があったのか?それを知ることであなたの催眠に対するマイナスな思い込みも解けるかもしれません。

 

催眠で皮膚に変化を起こす

昔は催眠をお使い患者の手に損傷を作りだし、それを消し去ると言うことが行われていたそうです。簡単に言うと火傷をさせた後に、火傷を消すと言うものを催眠でやっていたのではないでしょうか。これは、顕在意識と潜在意識を上手く活用したことにより、そういうことができたのではないでしょうか。

催眠は顕在意識と潜在意識をコントロールする技術です。催眠を知ってあなたの生活に役立てて欲しいと感じます。ということで今回は、催眠の歴史について書いていこうと思います。

2017-07-11 12.25.30

催眠の歴史はかなり古い時代からになります。何千年にもわたり受け継がれてきました。おそらく1番最初に催眠療法の主となったのは古代エジプトギフト時代ではないでしょうか?サンスクリット語で書かれた書物に催眠を使用したヒーリングが書かれています。「眠りの寺院」に関することです。

ここでは病がある人が訪れ病気を治癒したことが書かれています。建物の作りから催眠に入る設計がされたようです。そこの建物に入り最後に祈祷師から暗示を与えられ病が治癒されたとの事です。

眠りの寺院が催眠の発祥?

私の想像ですが、建物の作りが意識を集中させ特別な場所に来たような感覚を作り出していたのではないでしょうか?今で言うところの協会のような場所があり、すごく力のありそうな牧師さんから強い言葉で「あなたの病は治ります」というような感じで言われたのではないかと想像できます。

あなたもお医者さんに、「あなたの病はは絶対治ります」と言われたら信じて良くなりそうな気がしますよね。この「眠りの寺院」が催眠の発祥では無いかと思われます。

催眠は強く思い込むことで、身体に何らかの変化を起こします。人によっては体が熱くなったり、体が重たくなったり、「このスプーンは熱くて火傷します」と言って皮膚に当てると火傷すると言う事例も聞いたことがあります。

もし、催眠で火傷の跡ができるのであればアトピーなども良くなりそうですよね。もしかするとアトピーは自分で作り出しているかもしれません。極度のストレスは身体に変化を起こします。もしあなたがアトピーなどあれば自分の思い込みでないか気にする必要があるかと思います。

今回は長くなってしまったのでここで終わりにしたいと思います。

続きはこちら

-ブログ
-, , ,

Copyright© 大阪 催眠術の教室 ヒプノハート , 2017 All Rights Reserved.