シンプルで実践的な催眠術を学ぶ

大阪 催眠術の教室 ヒプノハート

 090-2939-7657

催眠術のかけ方スクール

DVD

ブログ

ストリートパフォーマンスと覚悟

投稿日:

今日、難波で

ストリートパフォーマンスをしていたら、
マジシャンをやってると言う男性に
激怒されました。

激怒の理由は
「無許可で難波駅前でやっていたから」
です。

これまでいろんなところで
許可が取れるところを探しましたが、
なかなか許可がとれる場所がない
というのが現状です。

 

なかなか道路使用許可書は取れません。

交番、市役所、警察署など

たらい回しにされましたが
なかなか取ることができませんでした。

僕は3·11の地震以降、
仕事もなくなり、
面接を50件以上を受けても
受からなかったダメな奴です。

ストリートを始めてストリートだけで
食べてきました。

簡単に食べていけたかというと
そうではありません。

これまでの警察にも止められたり、
書類をかかされたり、
怖い方にも殴られたりしました。

ストリートパフォーマンスをして何度か
「死ぬかもしれない」
と言う思いをしてきましたが、
死ぬ覚悟はとっくにできています。

無許可やる事はもちろん悪いことです。
それは承知しています。

僕にとってストリートは
修行の場です。

法律でストリートパフォーマンスについて
調べた人に聞きましたが
ストリートパフォーマンスを罰する
法律はまだないと聞きました。

ストリートパフォーマンスを
気に食わない人には

「うるさい」
「邪魔」
「迷惑」

としか思わないと思います。

人によっては
気分が落ち込んだ時。
嫌なことがあった時。

ストリートパフォーマンスを見て
心が癒される人、
死にたいと思っている人が
「やっぱり生きてみよう」
と思えることもあるかもしれません。

僕は完全に法律で禁止されるまで
やるかも知れません。

ストリートをやっていて
「心が楽になった」
「今まで誰にも言えなかったことが言えた」
「生きてて良かったと久しぶりに感じました」
などの声があるからです。

1人でも多くの人が心を軽くなるなら
死ぬ覚悟も誰かに怒られる覚悟もできています。

最後に

マジシャンや催眠術師、
占い師、周りのお店の方々、
警察の方々、
ストリートパフォーマンスを
気に食わないと思っている方々、
ご迷惑かけていましたら
本当に申し訳ありません。

心からお詫びします。

-ブログ

Copyright© 大阪 催眠術の教室 ヒプノハート , 2017 All Rights Reserved.