シンプルで実践的な催眠術を学ぶ

大阪 催眠術の教室 ヒプノハート

 090-2939-7657

催眠術のかけ方スクール

DVD

催眠動画

ストリートパフォーマンスでチップは貰える?許可をとれる場所は大阪にあるのか?

更新日:

最近、ストリートパフォーマンスをやってる方が増えて来ました。

ストリートパフォーマンスをやってチップを貰いたいと思う人も多い事でしょう。
大阪では頻繁にストリートパフォーマーがいますが、それでチップを貰えてる人はどれぐらいいるのでしょうか?

僕が見る限り、変わったパフォーマンスをやってる方でないとあまりチップが入っていない様な感じがします。

歌でもズバ抜けて上手い人ははいります。
他にも下手でも頑張ってる感じがある方は
チップ(投げ銭)がはいってますね。

 

ちなみにストリートパフォーマンスをやってる大阪の場所はどんな所があるのでしょうか?

梅田駅・南海難波駅前・天王寺歩道橋・海遊館・ユニバーサルシティなどがある。

ちなみに許可はとれるのか?

ほとんどが取れない。
希にとれる場所がらあります。

僕も許可を取りに市役所や警察署に行きましたがなかなか取れないのが現状です。

ユニバーサルシティや海遊館はライセンス制度があり、審査に受かった方しか出来ない。

パフォーマンスによほど自信がないと取りにくいのではないかと思います。
あと、路上で人を集められる力がなければなかなか務まらない場所です。
梅田駅・南海難波駅前・天王寺歩道橋などはほとんど無許可だと考えられます。
この場合、よく警察に止められることが多いです。

 

ストリートライブ・パフォーマンスの暗黙のルール

 

暖かくなって過ごしやすくなる時期になると、
ストリートライブをやってる方や、ストリートパフォーマンスでやってる方が多く見られます。

僕もその中の1人です。

僕は7年ぐらいストリートで生活して来ましたが最近はあまりストリートはやらなくなりました。
こう言う時期は人が簡単にとまってくれてパフォーマンスもやりやすいのです。

ストリートパフォーマンスやってると暗黙のルールというものがあります。

駅前で何組かパフォーマンスや物を売っている人がいたら

・あまり大きな音量出さない
・人が集まりそうでも集めない
・出来る限り周りのパフォーマーに
挨拶をしておく
(パフォーマンスの最中に話しかけるのは迷惑になる)
・一度注意された場所では、その日は絶対にし ない
・大きなスペースを取らない

これぐらいは守っておいたほうがいいと思っています。

その理由は、警察がきて1人が注意されると周りのパフォーマーや、物売っている人たちも一斉にできなくなる可能性があるからです。

経験上これはやってはダメなパターン

・音が大きい
・集めてる人数も20人以上集めない
・大きなスペースを取らない

そうすればあまり警察には言われないケースがあります。
これを守っていると場所によっては警察の方に「頑張れよ」と応援される場合もあります。
人数を集めてしまうと、かなりきつく注意されてしまうことがありますので、お客さんの集め方の調整ができる方は、この時期は少なめでやったほうがいいと思っています。
何度も同じ場所で警察に言われてしまうと、その場所でやる事ができなくなって、15分や30分おきに警察の方が回ってくることもあります。

警察の方にも迷惑かかってるということだと思います。

生活や夢がかかっていることもわかります。

ですが、なんでもやり過ぎは禁物だと感じてます。

パフォーマンスをやっているのは自分たちだけだと思わず、周りの同じライブをしている人や物を売ってる人にも意識を向けてやって欲しいなって思います。

僕はストリートパフォーマンスで、マジック・占い・ジャグリング・催眠術をやって来ました。

IMG_6282.JPG

 

そこで、人の集め方や営業の仕方ファンの作り方などいろいろ学びました。

その経験から、現在は催眠術のスクールをやりながら、10回コースに入って頂いた方には、たまにストリートでの人の集め方やお金の頂き方なども教えています。

もし興味のある方は、ぜひ参加して欲しいと思います。

実践を中心に行なっていきます。

本で書かれたものを引用して教えてるだけのセミナーやスクールとは全くやり方であなたが使える様にしっかりサポートさせて頂きます。

絶対に損はさせません。

興味のある方はこちらから

催眠術の事ならこちら

-催眠動画

Copyright© 大阪 催眠術の教室 ヒプノハート , 2017 All Rights Reserved.